NEXT STAGE

ラチェットレンチ15
『幕末サンライズ』
日程 : 2019年9月5日(木)~9日(月)

脚本: 大春ハルオ(ラチェットレンチ)
演出:三浦佑介(あサルとピストル)

●劇場 : ザムザ阿佐谷
〒166-0001
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
ラピュタビルB1F

●CAST
井上賢吏
馬場史子
浅見優佳
片岡萌
桑原とおる
(以上 ラチェットレンチ)

青山治(NYエロヒマドル)
石松千明
ウォーレン・リウ(時空DO画)
小笠原游大
川守田佳希
小山蓮司(北区AKTSTAGE)
酒井孝宏
天麻ゆうき
船戸慎士(Studio Life)
森山光治良(チームモーリス)
山﨑さやか(ぷろだくしょん☆A組)
吉野瞬




(五十音順)

●STAFF
脚本:大春ハルオ(ラチェットレンチ)
演出:三浦佑介(あサルとピストル)
演出助手:中作詩穂(PUPA)
照明:LICHT-ER
音響:坂爪亮介(ラチェットレンチ)
舞台監督:松井桃子(P.P.P.)
舞台美術:齊藤樹一郎
宣伝美術:豊田悟士
スチール:松林満美
演劇コンサル:三浦佑介(あサルとピストル)
WEB:城生越桃子(ラチェットレンチ)
広報:橋本賢(ラチェットレンチ)
当日運営:木川美由紀
製作:ラチェットレンチ

協力:山﨑巌/綿貫恵美/チバアカネ/あサルとピストル/北区AKTSTAGE/JACK-JACK ENTERTAINMENT/Studio Life/チームモーリス/NYエロヒマドル/P.P.P./ぷろだくしょん☆A組/LICHT-ER/PUPA/時空DO画/maeve(マーブ)/ラチェットレンチサポート部/他


●タイムスケジュール
2019年9月
5日(木) 19:30
6日(金) 14:00 / 19:30
7日(土) 14:00
8日(日) 13:00 / 19:00
9日(月) 12:00 / 17:00

※受付開始は開演の45分前。開場は開演の30分前となります。


●チケット料金
・前売 4,200円
・当日 4,700円
・トリオチケット 11,000円(一般チケット3名様分・3名様同時入場)

●チケットご予約方法
7月6日(土)10時~予約開始

チケットURL(PC用)
https://ticket.corich.jp/apply/101262/

チケットURL(携帯用)
http://ticket.corich.jp/apply/101262/

・開演10分前までに受付をお済ませ下さい。開演10分前を過ぎますと、ご予約をキャンセルさせて頂く場合がございます。
・自由席となっておりますが、状況によってはお席をご案内させていただく場合がございます。あらかじめご了承の程お願いいたします。
・未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
・劇場には、駐車・駐輪スペースがございませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
●あらすじ
維新は寄席から燃え上がる!? 今度のラチェットレンチは、幕末モノ!?

時は幕末。吉田松陰が、まだ松陰ではなかった時代。
彼は、歴史の表舞台に上がる前、江戸で落語を聞いていた。

泰平の眠りをさます上喜撰、たった四杯で夜も眠れず。
浦賀沖へ黒船が来航し、開国を迫るペリーの威圧に、及び腰になりつつあった江戸幕府。
幕府の権威に陰りが見えはじめ、泰平の世が徐々に揺らぎ始めた、そんな時代。
笑うに笑えぬ世の中でも、自分の噺家としての矜持を貫き通そうとしていた柳亭燕枝という男がいた。
その燕枝の元に、一風変わった弟子入り志願者がやってくる。その名も、吉田寅次郎。

雄大で自由奔放、そして楽天的な寅次郎の、まっすぐな生き方が、悲しくも色あざやかに、日本の夜明けを変えていく。
幕末を駆け抜けるように生きた、偉大な先生と、その教え子と、友のお話。

夜明け鳴く 燕の声は もの思い 三千世界の鳥も黙る 猛士の生き様ここにあり!